(株)MB工業

屋根工事

弊社は「金属屋根」の加工・施工に優れた職人を多く抱えています。
金属屋根は、瓦屋根に比べ重さが約10分の1で施工が可能です。
屋根が軽い=家への負担が少なく、耐震性にも優れた家となります。

屋根は風雨や直射日光、雪などにさらされ、年月の経過と共に老朽化しています。
屋根のメンテナンスは定期的に行うのが、家を長持ちさせられます。
屋根工事には『葺き替え』『カバー工法』など屋根の状況に合わせた工事方法があります。

point 耐震が気になる方には地震対策として軽量化された屋根がおススメです。 重い屋根の家は家の重心が高いため、家が大きく揺れる可能性があります。 激しく揺れると、家の倒壊の危険性が高まります。

Q.瓦屋根と板金屋根のメリット・デメリットは?

板金屋根に変えたらいいこともあるけど悪いこともあるんじゃないの?

三角矢印

A.メリットもデメリットもあります
メリット:なんといっても耐震性にすぐれる!
板金屋根のメリットは、瓦屋根から板金屋根に変更することで、屋根の重さが約10分の1になります。
家の重心が低くなることで、地震時に家の揺れが少なく、家の倒壊の危険性が低くなります。
デメリット:雨の音が、瓦ほど静かではありません
板金屋根のデメリットとしては、瓦屋根に比べると雨の音が気になる方もいらっしゃるかもしれません。
音が気になるという方は、金属の表面に砂を吹き付けて、金属を振動させにくくして、
音をさせない材料もあります。何を重要視するかによって、屋根を選ぶ基準が変わってくるとおもいます。

カラーベストやコロニアルから板金屋根に変えることでも、重量は約4分の1に軽減されます。

三角矢印

南海トラフ地震が騒がれている今、身近なものからの地震対策はとても重要視される部分になっています。

新築の屋根だけでなくリフォームも行っております!

すなわち 外壁塗装によって、二次災害を防ぐことができる! 考え方としては、病気になってからの手当てでなく、「病気になる前の予防」をするということです。

外壁工事

窯業系サイディングの施工、板金壁の施工を行っております。

「サイディング」の言葉の意味は、羽目板・下見板のことです。
伝統的な羽目板・下見板は木製でできています。
その昔、縦羽目は外装だけでなく内壁や内装建具にも使われました。
その後、戦後の住宅の不燃化を図るという国の施策を受けて、
木製サイディングに変わって使われるようになったのが、
「モルタル材」です。昭和50年頃までは戸建て住宅の外壁といえばモルタルが主流でした。
そのモルタルに変わって住宅の不燃化を実現しつつモルタルには無い良さのある外壁として現れたのが
窯業系サイディングです。

Point 最近では光触媒等の、メンテナンスフリーに近い窯業系サイディングも発売されております。

簡易セルフチェック

  • 外壁・屋根を8年以上メンテナンスしていない
  • 色褪せ・汚れが目立つ
  • カビ・藻・サビが発生
  • 壁を触ると手が白くなる
  • 住宅の資産価値を維持したい
  • 家の外観に飽きてきた

少しでも当てはまる点があれば、まずはご相談ください。
メンテナンスの必要性の有無も含めて回答させていただきます

無料見積もり依頼フォーム